不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/20

フージャース、蘇我で分譲M・シニアMの一体開発

「デュオヒルズ蘇我ザ・スカイ」完成予想モデル。約15mのヒルトップに位置しており、最上階は15階建て相当の眺望が楽しめる
通常はバルコニーとする部分をリビングに組み込んだ「Soraリビング」。コーナーサッシにより、より開放的なリビングに

 (株)フージャースコーポレーションは20日、大栄不動産(株)と共同で開発中の分譲マンション「デュオヒルズ蘇我ザ・スカイ」(千葉市中央区、総戸数263戸)のモデルルームを報道陣に公開した。同社創業30周年記念プロジェクトとして、シニア向け分譲マンション「デュオセーヌ千葉蘇我」(総戸数144戸)と一体開発する。

 同物件は、JR京葉線他「蘇我」駅徒歩11分、京成千原線「千葉寺」駅徒歩8分に立地。隣接する「デュオセーヌ」を含めた約2.1haの開発地は、JFEの研修所跡地。周囲は戸建住宅が立ち並ぶ15mの高台。「デュオヒルズ」は敷地の東南西面に弓型に4棟を配棟。その北側に「デュオセーヌ」が建設される。施工は(株)長谷工コーポレーション。竣工は、2026年2月下旬予定。

 「デュオヒルズ」は、鉄筋コンクリート造地上9階建て。共用施設として、2つのラウンジ、テラス、スカイデッキ、遊歩道、防災倉庫などを用意。住戸は、東・南向き15スパン、南・西向き23スパン。2LDK~4LDK、専有面積約62~85平方メートル。直床二重天井、天井高2,400mm。食洗器、ディスポーザーなどが標準。

 バルコニーは全戸ガラス手すりとして高台の採光と眺望を取り込むほか、角住戸の一部にはバルコニーに隣接しマルチスペースを設けた「Re:Room」プランや、バルコニー部分にリビングを拡張した「Soraリビング」を用意。シンクとコンロを分離し、それぞれに調理スペースを設けた「Fitキッチン」は82戸に設定。一部住戸を除き、洗面所に洗濯家事スペース「Arauラック」を設置している。1階住戸には、100平方メートル以上の専用庭付きプランも用意した。

 4月1日にホームページをオープン。これまで500件超のエントリーを受け付けた。22日にモデルルームをオープンする。すでに100組以上の来場希望がある。1期は8月下旬登録受付開始予定で、50戸超を販売する予定。販売予定価格は3,900万円台~6,400万円台。最多価格帯4,500万円台。坪単価は約230万円。反響の7割が地元中央区在住者で、85%が千葉市内在住者。30~40歳代のファミリー層がメイン。専有面積の広さと価格のバランス、「Re:Room」や「Fitキッチン」などの同社オリジナルプランが評価されている。

 なお、「デュオセーヌ」も29日にモデルルームをオープン。本格的な販売活動に入る。

シンクとコンロそれぞれに調理スペースを設け、縦長のLDKに並行して設置することで、開放感と作業効率を高める「Fitキッチン」
洗面所の洗濯機置場横に設けた「Arauラック」は、作業台とハンガー、棚が一体となった洗濯家事スペース

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。