不動産ニュース / 団体・グループ

住宅買い時感、3年ぶりに増加/全宅連調査

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は12日、9月23日の「不動産の日」に合わせて実施した「不動産の日アンケート調査」結果を発表した。日本在住の20歳以上の男女を対象に、2016年9月11日から10月31日の期間、インターネット調査したもので、1万4,011件の回答を得た。

 調査時点での不動産の買い時感については、買い時だと「思う」24.9%(前年比9.7ポイント上昇)と大幅に上昇。「思わない」は22.3%(同1.0ポイント低下)、「分からない」は52.8%(同8.7ポイント低下)に。どの年代でも「思う」の回答が大幅に増加し、全体的に買い時感が増していることが分かった。

 買い時と考える理由については、「住宅ローン減税など税制優遇が実施されている」が38.7%でトップに。「住宅ローン金利が上昇しそう、低金利」が29.7%でそれに続いた。
 買い時だと思わない理由の1位は、「自分の収入が不安定・減少している」(40.6%)。

 持ち家か賃貸かの問いでは、現在の居住形態にかかわらず「持ち家派」が85.3%と圧倒的多数を占めた。その理由は、「家賃を支払い続けることが無駄」が63.3%で最多回答に。「賃貸派」では、「住宅ローンに縛られたくない」が58.7%でトップ。

 瑕疵保険とインスペクションの認知について聞いたところ、「聞いたことがない」との回答が瑕疵保険で54.1%、インスペクションでは72.6%にのぼり、まだまだ認知が進んでいない状況が明らかとなった。

 不動産会社に期待することについては、1位「丁寧な接客対応・説明」(37.8%)、2位「契約成立に向けた交渉」(25.3%)、3位「的確なアドバイス」(21.1%)の順に。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

新連載「シリーズ・この道ひとすじ」
遺品整理サービスのパイオニアが語る 「人の生き様から学ぶ生き方」もスタート!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

「登録講習」アットホームスタディ

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/6/21

「記者の目」更新しました

「子育て」を乗り切るマンション」の記事を更新しました。

マンション購入後、ライフスタイルや家族構成の変化等に合わせて変えられたら、と思うのは「間取り」や「収納」ではないでしょうか。そんな中、なかなか変更することが難しい間取りや収納を簡単に変えることができるシステムができたそう。今回の記者の目ではそのシステムについてレポート!是非ご覧ください。