不動産ニュース / 開発・分譲

2017/1/27

横浜・みなとみらいに1フロア1,000坪超のオフィスビル/野村不動産

「横浜野村ビル」外観
「横浜野村ビル」外観
フロア面積は、低層階では約1
フロア面積は、低層階では約1
050坪、高層階では約1
050坪、高層階では約1
200坪と、みなとみらい地区では最大級
200坪と、みなとみらい地区では最大級

 野村不動産(株)は26日、横浜市のみなとみらい21地区で開発を進めていた「横浜野村ビル」(横浜市西区)の竣工を受け、マスコミに物件を公開した。

 みなとみらい線「新高島」駅徒歩4分、「みなとみらい」駅徒歩6分、JR線「横浜」駅徒歩11分に位置。敷地面積は8,962.40平方メートル、鉄骨造地上17階建てで、延床面積は8万1,656平方メートル。

 タワーパーキングがある低層階(3~9階)では1フロア約1,050坪、高層階(10~16階)では約1,200坪と、みなとみらい地区では珍しい1,000坪超えを実現。コージェネレーションシステムとデュアルフュエル式発電機(ガス・オイル併用発電機)を導入することで、停電時にも電力供給・冷暖房の熱源確保を実現する。また上水・下水の貯留量をアップさせることで、災害時の水道・トイレの利用を可能にした。

 環境面にも配慮し、Low-Eペアガラス、自然通風、外気利用システムなどの導入により、空調負荷を低減。太陽光発電や雨水再利用システムも導入し、エコにも配慮する。LED照明器具を採用、人感センサー・昼光センサーのほか、照度設定スイッチを設け、500lx・300lxを選択できるようにすることで、照明エネルギー使用減少も進める。また1階にはデジタルサイネージ、各フロアにもモニターを接してエネルギーを見える化。BEMSも採用している。
 こうした取り組みにより、LEED CS GOLD認証を取得予定。CASBEE Sランク、SEGES認証についてはすでに取得を果たした。

 なおオフィス部分は(株)野村総合研究所への1棟貸しが決定しており、4月中旬より入居を開始する予定。また店舗8区画(飲食5店舗、サービス3店舗)についてもすべて契約が完了しており、夏にオープンを予定している。

 総事業費は約415億円、想定NOIは5%前後。

 同日、野村不動産ホールディングス(株)執行役員賃貸部門長の畑田 実氏が、賃貸部門の投資計画についても説明。2025年までの中長期経営期間で、約1兆8,000億円の投資を実行予定であることを明らかにした。うち8,500億円は投資法人への売却を前提にGEMS(飲食店テナントがメインの商業ビル)やPMO(中規模高品質オフィスビル)などを中心に開発し、9,500億円は固定資産として所有しながら賃貸運営を行なう計画。なお今回の横浜野村ビルは、同社で所有し賃貸していく。
 畑田氏は、「『虎ノ門駅前再開発』や『芝浦一丁目建て替え』など、都心部エリアを中心に複合開発プロジェクトを多数進めている。総資産に占める賃貸不動産の部分を伸ばしていく」と述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。