不動産ニュース / その他

2017/4/21

公社住宅で、IoTを用いた高齢者見守りサービス

居住者の状況をセンシングする
「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE リモートケアベース」

 横浜住宅供給公社と富士通(株)は、IoTを活用した高齢居住者の生活状況や健康状態を遠隔で見守るサービスについて、有用性や事業性の検証を行なう協定を締結。20日から、同公社賃貸物件で実証実験を開始した。

 実験は10月31日まで。物件の室内に、富士通の「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE リモートケアベース」を設置し、「居住者の見守りソリューション」サービスを実施する。

 リモートケアベースによって生活音や温湿度等から居住者の状況を測定。異常がみられる場合は、24時間365日看護師が常駐するコールセンターから状況確認が行なわれ、協力員や家族に通知する。コールセンターは、居住者からの緊急通報や健康相談を受け付けるほか、居住者に向けて定期的に安否確認を実施。また、測定データをもとに健康アドバイスも行なっていく。

 両社は、実施期間中にリモートケアベースの測定精度や、居住者の満足度や効果を検証した上で、全賃貸物件における付加価値サービスの提供を検討する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。