不動産ニュース / 開発・分譲

2017/6/14

フィリピンの戸建事業に参画/阪急不動産

完成イメージ

 阪急不動産(株)は、フィリピンの住宅ディベロッパーであるPAアルバレス プロパティーズ(ラグナ州、会長:ロマリコ Tアルバレス氏)が推進するフィリピン・カビテ州ダスマリニャス市における戸建分譲住宅事業(総戸数868戸)に参画する。

 開発予定地であるダスマリニャス市は、マニラ中心部から南へ約30kmに位置し、マニラ首都圏や近郊の工業団地で働く人々のベットタウンとなっている。開発面積約11ha。戸建て403戸、タウンハウス465戸で構成する。総事業費は約37億円。

 戸建ては土地が80~100平方メートル、建物が52~63平方メートル。タウンハウスは土地が40平方メートル、建物が42平方メートル。若年世代をターゲットとし、販売予定価格は、戸建てが270万~310万ペソ(1ペソ=2.3円、約621~713万円)、タウンハウスが170万ペソ(約391万円)と、手頃な価格設定とする。

 着工は2017年10月頃、竣工は22年8月を予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

タウンハウス

2階建ての連棟式住宅のこと。各住戸の敷地は、すべての住戸の所有者が共有していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。