不動産ニュース / 開発・分譲

2017/8/1

東京・八重洲にシェアオフィス第1号/東京建物

サービスオフィス

 東京建物(株)は7月31日、会員制シェアオフィスの第1号店「+OURS(プラスアワーズ)八重洲」(東京都中央区)を同社八重洲ビル3階にオープンした。

 同施設は、面積380.60平方メートル。多様な働き方のニーズに応え、利用者同士の交流も促進すべく、サービスオフィス(法人登記可能な1~8名用の家具付きオフィス)とコワーキングスペース(フリーアドレス制のオープンラウンジ)を用意。サービスオフィスは計17室、1室当たり月額8万7,000円~(税抜き)。コワーキングスペースは計39席、1名当たり月額2万円(税抜き)。営業は平日8~20時(サービスオフィスは24時間入室可)。

 なお、同社は(株)日本政策投資銀行が実施する「オープンイノベーションによる新規事業創出支援プログラム構築」の趣旨に賛同し、同プログラムの参画企業に対して、同施設のコワーキングスペースを無料で開放する。

 また、隣接区画では、大手企業がグループ全体のワークスタイル改革に役立つ製品・ソリューションを紹介・提案する協創スペースを計画。同オフィス開業後は、同施設の利用者も受け付けやコワーキングスペースを利用できるものとし、互いの施設運営の効率化を図っていく。また、利用者同士の交流・協創が生まれるようなイベント等も実施していく予定。

コワーキング

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。