不動産ニュース / IT・情報サービス

「スマート内覧」、業者の過半数が「便利」

 (株)ライナフと三菱地所ハウスネット(株)は8日、「スマート内覧」の実施報告調査を発表した。

 スマート内覧とは、ライナフが開発した携帯端末の操作または音声通話で玄関の解錠が可能なIoTデバイス「NinjaLock」と、物件ごとの公開ウェブカレンダーを連動させるサービス。内覧希望者は予約した日時に現地に行けば、自分で物件を解錠し自由に内覧できる。
 三菱地所ハウスネットは2016年10月より、同サービスを賃貸マンションに導入している。

 調査期間は16年10月~17年4月。調査物件は東京23区に立地する賃貸マンション「パークハビオ」「ザ・パークハビオ」13棟のうち、「NinjaLock」を設置した空室住戸。対象者は、スマート内覧を利用し内覧の案内をした不動産仲介業者合計55社。

 「内覧件数比較」では、同サービス導入物件は、導入していない物件に比べ平均して約1.2倍の内覧件数があった。「曜日別、時間別の内覧動向」からは、不動産仲介業者の定休日が集中する火・水曜日や、18時以降の内覧ニーズも強いことが分かった。

 仲介業者に対して「スマート内覧が便利か、不便か」と質問したところ、「便利」(52%)、「どちらでもない」(36%)、「不便」(12%)という結果に。便利な点として「予約の手間、鍵取得の手間が削減される」といった意見が挙がった。また、個人内覧者は、「便利」(75%)、「どちらでもない」(17%)、不便(8%)に。「時間の自由さ、営業をかけられない気楽さ」等の意見が挙げられた。

 「セルフ内覧でも入居判断が可能か」という個人内覧者向けの質問では、「入居判断ができると感じた」(83.3%)、「入居判断ができると感じなかった」(17%)という結果となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

InternetofThings。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年11月号 日々の実務に役立つ情報満載です

10月1日からスタートした賃貸取引におけるIT重説について特集。社会実験参加事業者が感じたメリット・デメリット等について紹介しました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/10/20

「海外トピックス」更新しました

Vol.332 フェリーニ的由緒ある屋敷 の記事を更新しました。

19世紀、石油や鉄道、港湾貿易などで栄えたテキサス州には、富裕層が建てた大邸宅が立ち並びました。

今でもその面影を残すエリアがありますが、そうした地域でヴィクトリア様式の古い物件を改装してモダンなスタジオと住まいにしたイタリア生まれの女性がいます。

まるでフェデリコ・フェリーニの映画に出てくるような住まいをレポートします。