不動産ニュース / 開発・分譲

2017/8/16

浜松町でツインビル開発/野村不他

「(仮称)芝浦一丁目計画」完成イメージ

 野村不動産(株)、NREG東芝不動産(株)、東日本旅客鉄道(株)は15日、共同で複合ビル2棟を開発する「(仮称)芝浦一丁目計画」(東京都港区)の整備方針を発表した。

 NREG東芝不動産が保有する「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」と、東日本旅客鉄道が保有するカートレイン乗降場跡地を、約10年かけてオフィス・ホテル・住宅・商業施設等からなる大規模複合施設に整備する。

 区域面積約4万7,000平方メートル、延床面積約55万平方メートル。地上46階地下5階建てのS棟(ホテル、オフィス、商業施設等)と地上47階地下5階建てのN棟(住宅、オフィス、商業施設等)で構成。設計はプリツカー賞などを受賞した世界的建築家の槇 文彦氏が担当。東京湾岸部の新たなシンボルになるとともに、国内外企業や観光客が魅力を感じる国際競争力の高いビジネス・観光拠点を目指していく。

 同計画では、JR「浜松町」駅南口東西自由通路の拡幅・バリアフリー化を図るとともに、カートレイン乗降場跡地を歩行者専用道路として整備することで歩行者ネットワークを強化。ビジネス交流を促進するコンベンション施設や、国際水準のサービスを提供する宿泊施設も整備する。また、「芝浦運河」の船着場やテラス、運河に開かれた広場等の整備により、新たな観光スポットとなる親水空間の創出を行なう。さらに、防災対応力強化とエネルギーネットワーク構築等による環境負荷の低減も実施していく。

 今後は東京圏の国家戦略特別区域の特定事業として、東京都および港区の合意を経て、内閣総理大臣による計画の認定を受けるべく手続きを進めていく。

 着工はS棟が2020年度、N棟が26年度、竣工はS棟が23年度、N棟が29年度の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。