不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

物流施設の売却が好調/シーアールイー17年7月期

 (株)シーアールイーは2017年7月期決算(連結)を発表した。

 当期(16年8月1日~17年7月31日)は、売上高404億7,500万円(前期比19.6%増)、営業利益51億8,800万円(同18.3%増)、経常利益49億5,600万円(同20.2%増)、当期純利益35億8,100万円(同55.3%増)。

 不動産管理事業は、マスターリース物件が前期に引き続き高い稼働率を維持したこと、管理面積が堅調に推移したことから、安定的に収益が計上。また、物流投資事業が手掛ける開発物件のリーシング活動によりリーシングフィーを獲得した結果、売上高は159億7,700万円(同3.5%増)、営業利益は16億1,000万円(同5.8%増)となった。

 物流投資事業は、同社開発物件である「ロジスクエア久喜II」(埼玉県久喜市)、「ロジスクエア浦和美園」(埼玉県さいたま市)、「ロジスクエア新座」(埼玉県新座市)の売却が実現した結果、売上高は231億9,000万円(同32.2%増)、営業利益は42億3,000万円(同20.5%増)を計上した。

 次期は、売上高315億円、営業利益17億円、経常利益15億円、当期純利益10億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マスターリース

商業用不動産を賃貸する場合に、建物を一括して賃貸し、その賃借人が実際の賃借人にさらに賃貸する方法がある。マスターリースは、この場合の一括の賃貸借をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年10月号 日々の実務に役立つ情報満載です

特集は、「頻発する自然災害に備える地場企業の防災対策」。「今からでもやっておきたい かんたん防災・BCP」リストも掲載しています。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/9/21

「海外トピックス」更新しました

Vol.330 大人のアートキャンプ:ペンランド工芸学校(その2) の記事を更新しました。

世界中からさまざまなアーティストや工芸職人が集まるペンランド工芸学校のアートキャンプ。

同学校は非営利団体であるため、助成金、寄付金が主な運営資金ながら、足りない分はなんと作品オークションで調達するという工夫もされています。また、学生たちの講習参加費捻出を手助けするためにも役立てているのだとか。

今回はそうしたオークションの仕組みについてレポートします。