不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/3/5

土地価格動向DIが、マイナス傾向/全宅連

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は2日、第8回「不動産価格と不動産取引に関する調査報告書(不動産市場DI調査)」の結果を発表した。

 3ヵ月前と比較した現状と、現状と3ヵ月後の見通しの不動産価格・取引の動向を調査し、その結果を指数(DI)化したもの。DIは「横ばい」回答をゼロとして、「大きく上昇」「やや上昇」「やや下落」「大きく下落」のそれぞれの回答比率から、四半期ごとに算出している。調査期間は2018年1月12~22日。有効回答数は275。

 土地価格動向DIは、全国で6.5と、2回連続のマイナス。地域別では、北海道・東北・甲信越地区0.0、関東地区6.6、中部地区5.7、近畿地区9.8、中国・四国地区マイナス3.7、九州・沖縄地区23.1と、中部と九州・沖縄のみプラスだった。

 3ヵ月後の予測は、全国が6.4。地域別では、北海道・東北・甲信越地区5.8、関東地区3.1、中部地区8.6、近畿地区10.9、中国・四国地区マイナス3.7、九州地区19.2。

 最近の不動産市場の傾向として、「建売業の土地買い取り価格がピークを迎えており、今後20年までに商品化できるか否かにより、価格下落局面を迎えると思われる」(東京都)、「土地代、建築費の高騰が著しい。価格転嫁が難しい。価格高騰に消費者がついてこれなくなりつつある」(福岡県)等の声が挙がった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。