不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/5/17

定期借家物件の成約件数、3年ぶりに増加

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は17日、2017年度中に同社の全国不動産情報ネットワークに登録された首都圏居住用賃貸物件における定期借家物件の成約状況を発表した。

 17年度(17年4月~18年3月)の定期借家物件成約数は6,585件(前年度比8.5%増)で、3年ぶりに増加した。内訳は、マンションが3,881件(同11.7%増)、アパートが2,023件(同10.4%増)、一戸建てが681件(同10.3%減)。地域別では、東京23区が3,505件(同15.8%増)、東京都下が710件(同43.4%増)、神奈川県が1,465件(同7.4%減)、埼玉県が553件(同4.7%減)、千葉県が352件(同8.3%減)。

 首都圏居住用賃貸物件に占める定期借家物件の割合は、2.9%(同0.3ポイント上昇)。種目別では、一戸建てが10.8%(同0.5ポイント低下)と最も高かった。

 物件種目別の割合をみると、マンションが58.9%(同1.6ポイント上昇)でトップ。神奈川県ではアパートが48.5%(同3.5ポイント上昇)と伸び、マンションを超えた。

 定期借家物件の成約が最も多い賃料帯は「5万円以上10万円未満」で、マンションの約半数、アパートでは約66%。また、「一戸建て」は「10万円以上15万円未満」が37.7%で最多となった。平均賃料は、マンション11万7,100円(同4.4%上昇)、アパート6万3,700円(同0.6%上昇)が上昇し、一戸建ては13万100円(同7.5%下落)と下落。マンションでは賃料水準の高い23区の成約が増え、「10万円以上」の物件シェアが43%(同3.8ポイント上昇)となった。

 また、09年度を100とした定期借家の賃料指数は、マンションが82.8(同3.5ポイント上昇)、アパート104.8(同0.7ポイント上昇)、一戸建て91.0(同7.4ポイント低下)だった。

この記事の用語

定期借家制度

新借地借家法(1992(平成4)年8月1日施行)の一部が改正されたことにより、2000(平成12)年3月1日に創設された制度。従来の新借地借家法では、一部の例外(期限付き建物賃貸借)を除いて、貸主側に建物の返還を求めるだけの正当事由がない限り、貸主は借家契約の更新を拒否することができないとされていた。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。