不動産ニュース / その他

2018/5/25

丸の内仲通りで企業とコラボするカフェ/三菱地所

「Marunouchi Happ. Stand & Gallery」外観

 三菱地所(株)と三菱地所プロパティマネジメント(株)は25日、「丸の内二丁目ビル」(東京都千代田区)1階に、まちの活性化を目的としたパブリックカフェ「Marunouchi Happ. Stand & Gallery(マルノウチ ハップ スタンドアンドギャラリー)」をオープンする。

 同カフェは同ビルの1階エントランスの共有スペースを活用。延床面積38平方メートルと小規模な店舗でありながら、店舗が面する「丸の内仲通り」と一体的にデザインすることで、広々としたカフェ空間を創出した。

  “うつりかわる季節の体感”や“これまで丸の内になかったもの”をコンセプトに、数日~最長2ヵ月間を目途に企業や地域とコラボレーション。コラボ内容に合わせたレイアウト空間やフード・ドリンクメニューを提供する。なお運営は、全国各地で食と文化を融合した店舗の企画運営を行なうグッドモーニングス(株)に業務委託している。

 コラボレーションの第1弾として、5月25~26日にアウトドアブランド「スノーピーク」とタイアップ。「丸の内仲通りアーバンテラス」として毎日昼間に歩行者天国を実施する丸の内仲通りで、新しいワークプレイスの在り方としてテントでの打ち合わせ等を提案する「キャンピングオフィス」を展開。空間に合わせたオリジナルのテイクアウトメニューも提供する。また、コラボの一環で、5月31日まで「働き方改革」をテーマとした書籍の展示・販売も実施。合わせて会期中、トークサロン「Marunouchi Happ.で考える〜人生100年時代の働き方〜」も開催する。

 第2弾はセレクトショップ「1LDK」とのコラボを予定している。

 24日に実施した見学会で同社ビル運営事業部副主事の中野 壮一朗氏は「通りに面したカフェの少ない丸の内仲通りに、ワーカーが日常使いできるパブリックスペースとしてカフェを企画した。さまざまな企業とコラボし、変化に富んだ空間を創出し、コラボに合わせたイベントなどを通じてまちの活性化に貢献したい」などと抱負を述べた。

コラボ第1弾として「スノーピーク」が「キャンピングオフィス」を提案

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。