不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/8

首都圏白書、都市のスポンジ化対応策を報告

 「平成29年度首都圏整備に関する年次報告」(30年版首都圏白書)が8日、閣議決定された。

 白書では、「首都圏における『都市のスポンジ化』への対応および都市の魅力・活力の向上」をテーマに取り上げ、現状分析や各地で取り組まれている好事例を紹介。「空き家、空き地等が、都市の中心部や郊外部などあちこちで不規則に発生する『都市のスポンジ化』は、都市の活力の低下や居住環境の悪化をもたらす」とし、空き家等を資源としたまちづくりや、不動産事業者のノウハウを活用した空き家等の流通促進等の取組事例について報告した。

 「首都圏の魅力・活力の向上」については、ナイトタイムエコノミーの振興や、シェアサービスを活用した取り組み等を紹介。老朽化ビルのコンバージョンや、エリア一帯に及ぶリノベーションの事例を取り上げたほか、企業やオフィス・自宅以外の第三の働く場所(サードワークプレイス)など、働き方改革に資する就労拠点の展開についても触れた。

 また、首都圏整備計画の実施状況として、人口・産業機能等の動向、生活環境や社会資本の整備状況等を報告している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。