不動産ニュース / イベント・セミナー

2018/6/12

第1回「宅建マイスター・フェロー」会議開催

 (公財)不動産流通推進センターはこのほど、「第1回 宅建マイスター・フェロー会議」を開催した。

 宅建マイスターは、宅地建物取引業のエキスパートとして、宅建士取得後に目指す資格として、2014年にスタート。5月末時点で457人を認定している。
 宅建マイスター・フェローは、宅建マイスター認定から3年以上が経過し、その間同センターが設定する勉強会の参加や課題の提出などにより一定数のポイントを取得した人に、提示テーマの論文・レポートを提出してもらった上で審査し認定している。業界の地位向上など大きな視点をもち、常に顧客満足の追求を実践。高いマインドと能力を持って業務推進し、業界にとって有用有益な意見を述べているかどうかなどで判断している。

 18年2月に、リジュネビルド(株)代表取締役の妹尾和江氏、東急リバブル(株)ソリューション事業本部審査部長の橋本明浩氏、(株)上中野不動産代表取締役の大橋禎弘氏、東京ベストホーム(株)代表取締役の都築 潔氏、いわて不動産(株)代表取締役の田向定雄氏の5人を選出しており、今回初となる会議を開催。会議ではフェローから日頃、宅建業で気を付けている点(徹底した調査手法や高齢者対応、不動産M&Aなど)について紹介があったほか、センターからは宅建マイスターにかかるインスペクションおよび建物エバリュエーション(既存建物の性能のプラス面を見い出し評価・活用することに関する知識・見識・経験値を積んでいく能力およびその開発)についての解説があった。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
地域の歴史やニーズに合わせ、地場業者が遊休不動産を再生!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/6/6

「記者の目」更新しました

ここまできたIoT住宅」を更新しました。

今回はIoT技術を用いた住宅を取材しました。AIが住人の生活パターンを記憶して生活をサポートするなど…まるで魔法のような生活が現実となっているようです!