不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/5

東京のコワーキング・スペースが急拡大/JLL

 JLLは5日、東京のオフィス市場におけるコワーキング・スペースの現状を分析したレポート「東京オフィス市場で拡大するコワーキング・スペース」を発表した。

 東京でのコワーキング・スペースの床面積は2017年以降、急激に拡大。同年末時点では1万6,902平方メートルだったが、18年6月末時点では3万2,624平方メートルと約2倍に増加しており、18年上半期には、累計で6万2,608平方メートルまで増加している。

 また、1拠点当たりの平均面積も増加。18年以降は大規模オペレーターの進出などを背景に、これまでの1,000平方メートル前後から18年6月末時点では約2,300平方メートルまで拡大。座席数も900~1,900席のレンジで展開されている。

 コワーキング・スペースの賃貸借取引も活発化しており、東京都心5区の総取引面積に対して17年通年では3%だったものが、18年7月末時点で34%にまで伸張している。

 平均募集利用料は、18年7月時点で1席当たり9万1,950円/月と、前年の7万8,414円(前年比16%増)から増加。より築年数が浅く、高グレードの東京都心(日比谷や丸の内、八重洲)に所在するビルでの開設拡大を背景に、利用料が上昇している。

 同社では、「コワーキング・スペースは世界的に重要な市場として認識されており、ニューヨークやロンドンでもオフィス床の大きなシェアを占めている。東京でもコワーキング・スペースの拡大ペースは進んでおり、今後は不動産市場でも重用な位置付けを担っていくと予想される」とコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
既存物件を活用して、バイタリティ溢れるスタートアップ企業をまちに呼び込む!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/7/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号2018年8月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

改正宅建業法が施行され、宅建事業者に媒介契約時の「インスペクション」にかかる説明等が義務付けられてから3ヵ月。今回の編集部レポート「『インスペクションスタート』。いま営業現場は?」では、顧客の反応や問題への対応等についてもレポートします。

特集は、「地域に活力を!既存物件を活用した起業家支援」。既存物件の空室を、オフィスを見つけられず悩んでいるスタートアップ企業等向けに再生・活用し、そこを拠点にエリア活性化にもつなげている5事例を取り上げました。