不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/20

かぼちゃの馬車問題で「不動産投資への信用低下」

 (一社)不動産総合戦略協会はこのほど、不動産投資に関する緊急調査を実施。「かぼちゃの馬車」問題を踏まえた不動産投資への課題と対応について公表した。不動産投資を実施している人(不動産投資・有:87.5%)と、これから不動産投資を考えている人(不動産投資・無)を対象に、6月11~29日の期間、調査を行なった。

 「かぼちゃの馬車」問題は、「ディベロッパーによる無理なビジネスモデル」(不動産投資・有、無ともに35.3%)が大きな要因であるとの回答が多数。「金融機関の稟議書改ざん等の不正な融資」との回答は、「不動産投資・有」は20.2%に過ぎなかったが、「不動産投資・無」は47.1%と約半数を占めた。
 また、投資家の自己責任については、「不動産投資・有」が36.1%と高く、「不動産投資・無」の17.6%に比べて倍以上に。「不動産投資・無」の回答が少なかったことに対しては、「金融機関への信頼が高いため、その責任を問うことになっている」と分析している。

 かぼちゃの馬車問題の影響については、「不動産投資全般の信用性が低くなる」が「不動産投資・無」で64.7%、「不動産投資・有」も47.1%を占めた。「金融機関からの融資条件が厳しくなる」は、「不動産投資・有」が67.2%、「不動産投資・無」も52.9%となり、不動産投資環境全体への影響が懸念されている。

 また、今後の対策として「不動産投資・有」は「投資家保護に関連する法制度の整備」(5.9%)や「金融機関への監督官庁の指導を厳しくする」(6.8%)と、行政サイドの取り組みはあまり重視しておらず、「投資家自身が勉強する」が64.4%を占めた。投資家が自ら勉強するためには、「中立的な立場で必要な情報を提供するコンサルタントや、学習の場が必要とされている」とした。
 「不動産投資・無」では、「金融機関への監督官庁の指導を厳しくする」が35.3%だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。