不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/10/10

3人に1人が自宅近所の利便性を重視

 リビン・テクノロジーズ(株)は9日、「近所にあったら便利なもの」についての調査結果を発表した。同社が運営する不動産ポータルサイト「スマイスター」を利用した全国の20歳以上の男女112人を対象に、インターネット調査を実施。調査期間は9月5~10日。

 「近所にあったら便利なもの」を尋ねたところ、1位「コンビニエンスストア」(54.5%)、2位「銀行・ATM」(50.9%)、3位「大型ショッピングセンター」(49.1%)、4位「スーパー・食料品店」(48.2%)、5位「病院等医療機関」(47.3%)という結果に。「スーパー・食料品店」より、「コンビニエンスストア」や「銀行・ATM」のほうが便利な施設と思われていた。

 「近所に便利なものがあるかないかで、そこに住むか住まないか決めたことがあるか」という問いには、「ある」(34.8%)、「ない」(44.6%)、「迷ったことはある」(20.5%)と回答。3人に1人が「近所に便利なものがないと住まない」ことが分かった。

 一方、「近所になくても困らないもの」については、1位「スポーツクラブ」(58.9%)、2位「レンタルDVD・CD屋」(44.6%)、3位「コインランドリー」(43.8%)、4位「クリーニング店」(35.7%)、5位「警察・交番」(33.0%)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。