不動産ニュース / 政策・制度

2018/11/20

都市のスポンジ化対策でガイドライン/国交省

 国土交通省は20日、コンパクトシティ形成の推進へ向けて、都市のスポンジ化対策の新たな制度「空間再編賑わい創出事業」など、小規模で柔軟な土地区画整理事業の活用ガイドラインを公表した。

 地方都市をはじめとする多くの都市の既成市街地では「都市のスポンジ化」が進行、生活利便性の低下や居住環境の悪化などにつながり、コンパクトシティ形成を進める上での重大な障害となっている。

 そこで同省では、都市のスポンジ化対策に取り組む地方公共団体や民間事業者等を支援するために、「小規模で柔軟な土地区画整理活用ガイドライン」を作成した。

 新たな区画整理手法である「空間再編賑わい創出事業」の概要や、同事業の活用イメージ、モデルイメージ、区画整理以外の新たな制度などの解説などで構成されている。

 ガイドラインは、国土交通省のホームページからダウンロードできる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!