不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/1/11

不動産投資を行なう理由「安定インカム」が最多

 (株)三井住友トラスト基礎研究所は10日、「不動産投資に関する調査 2018年」の結果を発表した。年金基金や機関投資家など567件にアンケートを送付し、117件の回答を得た。調査時期は18年10~11月。

 オルタナティブ商品への投資実績の有無については、年金基金の84%(68基金)、機関投資家の89%(32社)が「投資実績あり」と回答した。

 「投資実績がない」と回答した投資家にその理由を聞いたところ、「運用対象に含めていない」(7件)が最多で、次いで「オルタナティブ投資に対する知識が乏しい」(6件)、「貴社(基金)のリスク管理・モニタリング体制を不十分」(5件)が続いた。
 オルタナティブ投資を行なった理由は、「分散投資効果」(86件)、「リターンの向上」(59件)、「安定的なインカムゲイン(分配金)の確保」(53件)の順。

 現在不動産投資を実施している投資家にその理由を聞いたところ、「安定的なインカムゲインの確保」(55件)がトップで、「分散投資効果」(54件)がほぼ同数で続いた。
 具体的な不動産投資商品については、「国内不動産私募ファンド(オープンエンド型)」が年金基金で38%(26件)、機関投資家で22%(19件)と、いずれも最多割合。

 今後の不動産投資に対するスタンスについては、年金基金では「不動産は、投資検討すべき投資対象の一つとして考えている」(30%)、「現状の不動産投資額を維持する予定」(30%)が、機関投資家では「不動産投資を実行する/増やす予定」(58%)との回答が最多であった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/10

「記者の目」更新しました

不人気だった学生向け賃貸が満室稼働に!」を更新しました。
今回は、静岡県のソーシャルアパートメントを取材!大学近くに立地するも、空室が埋まらず苦戦していた物件の付加価値を向上するためにリノベした事例です。建物の改装だけでなく、みんなで遊べるサッカーゲームや、わいわい楽しいタコ焼き機を準備するなどユニークな施策も…!