不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/1/11

東京オフィス市場、19年から空室率上昇を予想

 シービーアールイー(株)(CBRE)は11日、特別レポート「2019 Japan Market Outlook(不動産マーケットアウトルック2019)」を発表した。オフィス、物流施設、リテール、不動産投資の4つのマーケットについて、2018年を振り返りつつ、19年以降の見通しをまとめている。

 オフィスについては、東京で25万坪の供給があったものの、需給がタイトな状況が継続。オールグレードの18年末の空室率は0.9%(前年末比0.6ポイント低下)と調査以来初の1%割れ、賃料は2万2,040円(同5.1%上昇)で着地する見込み。
 19~20年は米国の経済成長の鈍化による日本経済への影響を懸念。オールグレードの空室率は19年に1.4%、20年に2.0%まで上昇すると予測した。一方、賃料は上位グレードに遅れて動く傾向のあるグレードB未満のビル(全体の60%)による影響から、19年は2万2,170円(同5.8%上昇)と上昇。ただし20年にはテナント誘致のための賃料値下げ圧力が強まり、2万1,730円(同1.9%下落)と下落すると予測した。

 物流施設は18年、首都圏で大型マルチテナント型物流施設が46万坪の新規供給があった。19年はeコマース市場の拡大や人手不足を背景とした物流拠点の再配置の変革期となり、62万坪の新規供給が予定されており、空室率は6.3%と予測。20年は大量供給の流れが一服、供給数は33万坪となり、空室率は第4四半期時点で5.8%に低下するとみている。

 リテール(銀座ハイストリート)は18年、国内富裕層やインバウンドの消費意欲拡大により高額品や免税品の売り上げが伸長していることから、ラグジュアリーブランド等のリテーラーによる出店ニーズが見られた。
 19年はこの流れが加速。出店意欲が旺盛である一方、出店エリアがハイストリートに限定されることから、出店者同士が競合することで、賃料が上昇する可能性も高いとした。

 不動産投資は18年、海外投資家による取引が前年同期比で56%減少したことなどから、9月末時点の投資額は2兆2,000億円(前年同期比18%減少)と減少した。
 19年は投資意欲が依然として旺盛であるものの、不動産価格の上昇を背景に投資家およびレンダーが慎重姿勢を強めると予測、投資額は18年と同等の水準で、投資総額は3兆2,000億円(18年度見込み総額約3兆1,000億円)とした。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

近年、多様な分野で導入が進む「スマホ決済サービス」。その仕組みを解説しつつ、既に不動産仲介の現場でサービスを導入した事業者に、そのメリット、課題などを伺いました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/6/13

「松村文衞 お別れの会」ご参会の御礼

令和元年6月12日に執り行ないました弊社 前代表取締役社長 松村文衞の「お別れの会」に際しましては、ご多用中にもかかわらず多くの皆さま方にご来臨賜り、厚く御礼申し上げます。
故人がこれまで皆さまより頂戴いたしました数々のご厚情に感謝申し上げますとともに、故人同様今後も変わらぬご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
令和元年6月13日 株式会社不動産流通研究所 代表取締役 丹羽洋子