不動産ニュース / 開発・分譲

2019/1/29

目黒に41棟目のソーシャルアパートメント

半円形のバーカウンターを採用したラウンジ

 (株)グローバルエージェンツは29日、41棟となるソーシャルアパートメント「Neighbors Meguro(ネイバーズ目黒)」(東京都目黒区、総戸数84戸)を報道陣に公開した。

 同物件は、JR山手線・東急目黒線「目黒」駅徒歩約19分、東急目黒線「武蔵小山」駅徒歩約15分に位置。1991年築・鉄筋コンクリート造3階建ての賃貸マンション(オーナーチェンジ物件)を同社が取得、居住者間の自発的なコミュニティを促す新しい共同住宅(ソーシャルアパートメント)にリノベーションした。

 コンセプトは「隣人交流型」賃貸住宅。1階は共用施設に変更し、2つの空間からなる約120平方メートル超のラウンジを設置した。キッチンのあるダイニングエリアには、シンボリックな半円形のバーカウンターを採用。ラウンジエリアには、大型のチェスターフィールドソファを中央に配置し、ダイニングスペースと緩やかに仕切っている。
 管理人室だったスペースは、入居者が24時間365日利用できるワーキングラウンジに。電話会議やWeb会議など、働き方の多様化に対応し、1人仕様の扉付きPhoneブースを2部屋採用した。

 1K(16平方メートル前後)の居室は、既存の3点ユニットからセパレート型のシャワーユニット・トイレに変更。キッチンも刷新し、独立洗面台にIHクッキングヒーターを備え付けたタイプを新設した。

 全84戸のうち、現在26戸がリノベ済みで10戸が工事中。残りの住戸は、現入居者が退去後に順次リノベーション工事を行なっていく。賃料は10万5,000円(管理費・水道光熱費別)から。すでに20名が入居しており、共用施設で交流を図っているという。

入居者が24時間365日利用できるワーキングラウンジ
各居室にはIHクッキングヒーター付きの独立洗面台を設置している

この記事の用語

IHクッキングヒーター

IHとは、InductionHeaterの頭文字を取ったもので、「電磁誘導加熱器」という意味である。IHクッキングヒーターは、トッププレート(結晶化ガラスなどの板)の下に、磁力発生用コイルを敷いたものである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。