不動産ニュース / 団体・グループ

2019/2/21

全国初、浦和レッズとまちづくりで協定/埼玉宅協

協定書にサインした埼玉宅協・内山会長(写真左)と、浦和レッズ・立花社長(同右)

 (公社)埼玉県宅地建物取引業協会は21日、サッカーJリーグ・浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)と「地域社会貢献活動の共同展開」に関する業務提携協定を結んだ。同日、埼玉宅協会長の内山俊夫氏と、浦和レッドダイヤモンズ(株)代表取締役社長の立花洋一氏が、協定書および共同宣言書にサインした。

 埼玉宅協が掲げる理念の一つである「地域社会への貢献」と、浦和レッズが目指す「次世代に向けた豊かな地域・社会の創造」とが合致することから、今回の協定に至った。各都道府県の宅建協会がプロスポーツチームとまちづくりに関する協定を結ぶのは全国で初めてだという。浦和レッズとしても、企業や団体とこうした協定を結ぶのは初めて。

 埼玉宅協では、浦和レッズの協力を得て会員不動産会社の顧客の自治会加入促進や、浦和レッズが主催するサッカー教室などへの協力を通じてスポーツ振興に取り組んでいく計画。今後展開していく個別の事業についても、共同で企画・検討していく予定。

 内山氏は、「宅建事業者は、地域に住む人たちの窓口となる存在。当協会の会員約5,200社が、浦和レッズをアピールすることで、お客さまの地域への愛着や家族の共通の話題を育んでいきたい」と述べた。また、立花氏は「埼玉宅協と手を携えることで、まちに対してさまざまなことができるという期待感が膨らんでいる。お互いにwin-winの関係を築いていきたい」などと語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。