不動産ニュース / その他

2019/3/18

賃貸Mの風呂湯はり等がスマホで操作可能に

 東急リバブル(株)は15日、同社の100%出資子会社であるリバブルアセットマネジメント(株)が開発・所有する賃貸マンション「リバーレ」シリーズにおいて、IoT設備機器の拡充およびハンズフリーキーを導入すると発表した。

 同シリーズではこれまでも、エアコンや照明、電化製品をスマートフォンで操作できるIoT住宅を展開してきた。今回は、風呂の湯はりや追い焚き、床暖房のオン・オフ、カーテンの開閉まで、外出先からスマートフォンでの操作を可能とする。また、標準設置しているGoogle Homeとの連携により音声での操作も可能。

 さらにハンズフリーキーを採用することで、かばんやポケットからかぎを取り出すことなく、入室できる。また、居住階以外には停止しない停止階制御機能付きエレベータや玄関のオートロック機能などにより、セキュリティ面にも配慮する。

 4月に竣工予定の「リバーレ麻布十番」(東京都港区、総戸数16戸)から導入予定。今後、「日本橋三越前」や「浅草駒形」等での展開も見込んでいる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。