不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/5/10

集合住宅でシェアサービスの実験/阪急阪神不

 阪急阪神不動産(株)は、大阪ガス(株)の実験集合住宅「NEXT21」(大阪市天王寺区、総戸数18戸)で、アプリケーションを用いたシェアリングサービスの実証実験を12日より開始する。

 同住宅は、大阪ガス社員が入居し、さまざまな居住実験を実施している。今回の実験では、阪急阪神不動産が推進する、新しいライフスタイルの構築・開発を目的としたプロジェクト「LIVING STYLE 2025 住まいの未来」の一環として行なうもの。

 入居者(12世帯)を対象に、シェアリングアプリを用いた、共用備品や個人が所有する「モノ」、「スキル」のシェア活動を検証する。アプリは(株)グッドタイミング(大阪市北区、代表取締役:高浜一道氏)が提供するもの。

 同社は同実験により、シェア活動の頻度、コミュニティ形成の変化などを検証。今後、他のマンションへの本格導入を図る方針。実証期間は12月中旬まで。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。