不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/5/14

ビル事業は堅調/三菱地所19年3月期

 三菱地所(株)は14日、2019年3月期決算(連結)を発表した。

 当期(18年4月1日~19年3月31日)は、営業収益1兆2,632億8,300万円(前期比5.8%増)、営業利益2,291億7,800万円(同7.6%増)、経常利益2,065億8,700万円(同8.4%増)、当期純利益1,346億800万円(同11.8%増)となった。

 主力のビル事業では、18年10月に「丸の内二重橋ビル」(東京都千代田区)が竣工。また、17年1月に竣工した大手町パークビルの収益寄与等により、営業収益5,296億9,500万円(同4.6%増)、営業利益1,476億9,100万円(同0.3%増)となった。期末空室率は、1.81%。「丸の内エリアの賃貸ビルの空室率は2.19%(同0.54%増)と上昇したが、既存テナントが、新規竣工した丸の内二重橋ビルなどへ移動したことによるもの。移転前のビルのリーシングも予想上回るスピードで進んでいおり、今後空室率は改善を見込む」(同社執行役常務・片山 浩氏)。

 住宅事業のうち、マンション事業は、売り上げ計上戸数が4,007戸(同69戸増)と増えたが、1戸あたりの販売単価が下落したことから減収。賃貸住宅物件の売却棟数が増加したことから、セグメント全体では営業収益4,204億500万円(同2.4%増)、営業利益304億2,800万円(同27.5%増)と増収増益に。

 生活産業不動産事業は、保有物件の売却に伴う収益を計上、営業収益1,061億8,200万円(同8.4%増)、営業利益325億6,000万円(同16.0%増)。海外事業は、前年度に一過性の収益を計上した反動で営業収益818億4,400万円(同5.8%減)となったが、営業利益は269億2,700万円(同11.5%増)となった。

 次期は、営業収益1兆3,600億円、営業利益2,300億円、経常利益2,070億円、当期純利益1,370億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号19年11月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは「DIY賃貸 普及のカギは?」。築古物件の利活用や、特定のターゲットに向けた導入など、さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果、ユーザーからの反響等を伺いつつ、普及への「カギ」を探りました。
併せて、座談会「令和時代の不動産流通業」も掲載!少子高齢化、人口減少などの社会課題に直面する今…、業界のあるべき姿とは?不動産会社に求められることとは?活躍する5人の若手実務者が意見を交わしました!