不動産ニュース / 開発・分譲

2019/5/15

ビル名称が「東京虎ノ門グローバルスクエア」に

 

「東京虎ノ門グローバルスクエア」完成予想パース

 虎ノ門駅前地区市街地再開発組合、および地権者・参加組合員である野村不動産(株)ほか5社は、計画進行中の「虎ノ門駅地区第一種市街地再開発事業」のビル名を「東京虎ノ門グローバルスクエア」に決定した。

 敷地面積2,782平方メートル、地上24階地下3階建て、延床面積4万7,273平方メートル。東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅に直結しており、地下歩行者通路と接続、歩行者動線の機能拡充やまちのにぎわい創出を図る。また帰宅困難者一時滞在施設や非常用電源設備、防災備蓄倉庫等の災害インフラも整備し、防災都市づくりにもつなげる。

 今回決定した「東京虎ノ門グローバルスクエア」の名称には、当施設を「人々が集まり、交流し、グローバルに発展・成長を遂げる拠点にしたい」との思いが込められている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。