不動産ニュース / 団体・グループ

2019/5/21

BELCA賞、霞が関ビル等10件を表彰

表彰式の様子

 (公社)ロングライフビル推進協会(BELCA)は20日、ロイヤルパークホテル(東京都中央区)で第28回「BELCA賞」(選考委員会委員長:内田祥哉東京大学名誉教授)の表彰式を執り行なった。

 ビルのロングライフ化に寄与することを目的とした表彰制度。長期使用を考慮した設計で建設され、適切に維持保全されている建築物を「ロングライフ部門賞」として、社会変化に対応したリフォームを行ない価値向上が図られている建築物を「ベストリフォーム部門賞」として、それぞれ表彰する。

 ロングライフ部門では、日本初の超高層ビルである「霞が関ビルディング」(東京都千代田区、1968年竣工)など5件を表彰。ベストリフォーム部門では、展示物を美しく見せるために展示ケース同士の映り込みの問題点を解決し、さらにケースの湿度環境の改善・免震化等を行なった「MOA美術館」(静岡県熱海市、竣工1981年、改修2017年)など5件を表彰した。
 選考委員会委員長の内田氏は、「年々応募作品のレベルが上がっており、入選した建築物以外にも素晴らしい建築物がたくさんあった。これまで表彰した建築物は260件を超える。今後の応募にも期待したい」などと総評した。

 同日、総会と同協会設立30周年および第28回BELCA賞の祝賀会兼懇親パーティーも開催。
 パーティーには、国土交通省大臣官房審議官・小林 靖氏など多くの関係者が集った。冒頭、同協会代表理事(会長)の押味至一氏(鹿島建設(株)代表取締役社長)は、「当協会は平成元年に設立しました。元号が令和となった今年、30周年を迎えることができたことに感謝致します。これはひとえに、会員の皆さまや国土交通省など関係各所のご支援・ご指導の賜物です」と感謝の意を述べた。

協会設立30周年の感謝の言葉を述べる押味会長

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。