不動産ニュース / 開発・分譲

2019/5/23

リノベ、ホテル事業等で成長継続/コスモス

 (株)コスモスイニシアは22日、2019年3月期の決算説明会を開き、20年3月期~22年3月期を計画期間とする「中期経営計画2021」について説明した。

 新中計では、リノベーションマンション事業、投資用不動産の販売や既存ストックのバリューアップを中心としたソリューション事業、17年度に始動したアパートメントホテル(宿泊)事業などを成長エンジンとし、5期連続の増収増益を引き継ぐ新たなステージの第一歩とするのがテーマ。最終年度である22年3月期の売上高1,350億円(19年3月期比29.0%増)、営業利益81億円(同50%増)を目指す。

 レジデンシャル事業は、3年前埼玉県の武蔵浦和で事業化したシニアマンションで得られた知見を生かし、アクティブシニア向けマンション事業を本格化。全国主要都市の再開発のメニューとして事業化していく。すでに札幌など6プロジェクトを内定している。今後は、ハードの提供だけでなく、入居者サービス等のソフトサービスも強化していく。
 また、リノベーションマンションも19年3月期は234戸を分譲、売上高99億円を計上しレジデンシャル事業の約25%を占めるまでになったことから、シニアマンションとともに事業の牽引役と位置付ける。22年3月期の売上高目標は500億円(同28.8%増)、営業利益26億円(同116.6%増)とした。

 ソリューション事業は、宿泊事業を独立させ、投資用不動産の開発・運営・売却、賃貸不動産管理等を伸長。「賃貸管理事業は、従来の住宅に加え、オフィスビル領域にも拡大していく」(高木嘉幸社長)などすることで、22年3月期売上高490億円(同12.1%増)、営業利益42億円(同20.0%増)を目指す。

 宿泊事業は、19年3月期末時点で25施設・1,237室の開発に着手。8施設361室を稼働した。今後もファミリーでの宿泊を前提としたアパートメントホテル「MIMARU」ブランドで展開。21年度までに1,500室の稼働を目指す。インバウンドをメインターゲットに、人気の観光スポットの後背地での展開に特化しており「今後もロケーションとターゲットをぶれることなく展開していく」(同氏)とし、売上高220億円(同117.8%増)、営業利益28億円(同47.3%増)を目指すとした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。