不動産ニュース / 政策・制度

2019/5/31

スマートシティモデル事業を選定/国交省

 国土交通省は31日、スマートシティモデル事業の選定結果を発表した。

 同事業は、新技術や官民データを活用し、都市・地域課題を解決するプロジェクトを公募したところ、73のコンソーシアムから提案があった。事業の熟度が高く、全国の牽引役となる先駆的な取り組みを行なう「先行モデルプロジェクト」を15事業、国が重点的に支援を実施することで事業の熟度を高め、早期の事業化を促進していく「重点事業化促進プロジェクト」を23事業、選定した。

 「先行モデルプロジェクト」では、顔認証技術を活用し、バスに乗るだけで病院受付が可能になる取り組み(茨城県つくば市)や、観光地やイベントにおける人流データ分析、モビリティサービスの導入による地域活性化の取り組み(宇都宮市)などが選ばれた。

 また、2つのプロジェクトを含め、一定のレベルと意欲が確認できたコンソーシアムについては、「スマートシティ推進パートナー」(71団体)として、関係府省で連携して支援していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートシティ

高度なICT(InformationandCommunicationTechnology:情報通信技術)や環境技術などを使って、環境負荷、エネルギー、交通などを最適に制御するシステムを備えた都市をいう。あるいは、小さな環境負荷の下で都市機能・都市生活を展開することができる都市をいうこともある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。