不動産ニュース / 政策・制度

2019/6/25

Society5.0実現への流れを加速/政府

 21日に「経済財政運営と改革の基本方針2019~『令和』新時代:『Society5.0』への挑戦~」(骨太の方針)が閣議決定された。

 人口減少・少子高齢化が進行する中、持続的かつ包摂的な経済成長の実現と財政健全化の達成を両立せさるためには、「Society5.0」実現に向けた流れを加速させる必要があるとし、「Society5.0」時代にふさわしい仕組み作りに向けて、成長力の強化、人づくり革命、働き方改革、所得向上策の推進、地方創生の推進、グローバル経済社会との連携などのテーマを掲げている。

 不動産関連では、東京一極集中を是正して地方への新たな人の流れを創出するために、二地域居住・就業の推進、スマートシティにおける新技術活用による物流高度化、次世代モビリティ導入の推進などが挙げられた。また、SDGsへの貢献に向けた質の高いインフラ投資によるインフラ整備の推進も盛り込まれている。

 また重要課題への取り組みとして、住宅セーフティネットの充実や誰もが安心して暮らせる良質な住環境の整備、住み替えへの支援、マンションの管理適正化・再生円滑化を一体に進めるとした。また、空き家の利活用推進、住宅の良質化・省エネ化、リフォームの推進、不動産管理業の適正化等による既存住宅市場活性化についても盛り込んでいる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅セーフティネット

住宅を確保するのが困難な者に対してその居住を支援するしくみをいう。その対象となるのは、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を育成する家庭などの住宅確保要配慮者であり、住宅確保の方法として、1.公的...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。