不動産ニュース / 政策・制度

2019/7/4

ESG不動産投資促進へ中間とりまとめ公表

 国土交通省は3日、「ESG不動産投資のあり方検討会」の中間とりまとめを公表した。

 近年、国内外でESG(環境・社会・ガバナンス)投資やSDGs(持続可能な開発目標)の動きが強まっており、特に不動産は、環境など社会課題解決に貢献できるポテンシャルが大きいことから重要な対象とされている。そうした背景を受け、2019年2月に当検討会を設置して、4回にわたる議論を行なった。中間とりまとめは、日本の実情や社会課題に応じた不動産へのESG投資促進に向けた留意点や方向性を盛り込んでいる。

 中間とりまとめでは、リスクとリターンという二軸を判断基準とする投資に加え、「社会的なインパクト」を第三軸とした投資を行なう必要があると指摘。中長期的に踏まえるべき内容として、「気候変動への対応」「健康・快適性の向上」「地域社会・経済への寄与」等5つの分野を例示している。情報開示については、「マテリアリティ(何が重要か)」を特定し、それを踏まえた情報開示に努めることが必要だとしている。

 政府・関係機関については、不動産へのESG投資を促進すべきだという市場へのメッセージを発信し、情報開示の標準化といった必要な手立てや、公的融資等の支援を検討していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ESG投資原則

投資に当たって、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別する原則。投資先の評価において、財務指標のみでなく、環境、社会、企業...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。