不動産ニュース / イベント・セミナー

2019/9/18

不動産女性塾が20回目のセミナー開催

20回目となるセミナーの様子

 不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する(一社)不動産女性塾(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長:北澤艶子氏)は17日、相互館110タワー(東京都中央区)で、20回目となるセミナーを開催した。

 冒頭、北澤塾長が「女性塾は交流の輪を広げる場所。最近は、大阪コンサル女子会や(一社)日米女性ビジネスネットワーク協会とのつながりもでき、活動も活発化してきた。女性塾とはいえ、男性の参加者も多く、自社のスタッフに女性塾への参加を後押しする頼りになる存在となってほしい」と挨拶。

 セミナーでは、2,200人超の大家を救った司法書士・太田垣 章子(あやこ)氏が「賃貸トラブル解決法」をテーマに講演。良い入居者を確保するためには、エントランス・集合ポスト・ゴミステーションを清潔に保つことが大切とし、「集合ポストにチラシ防止のためのガムテープが貼ってある物件は、管理会社が定期的に巡回していないと判断され“振り込め詐欺”のアジトとして狙われる可能性が高い」と注意を促した。また、家賃を滞納する入居者をなくすためには「引っ越しの理由をきちんと聞いて、入居申込書や添付書類も隅から隅までチェックすることも重要」とアドバイス。保証切れにならないよう、家賃保証会社の保証内容を把握しておくなど、トラブルは小さな芽の段階で気付くことが大切とした。

 次回の女性塾は11月27日。東急リバブル(株)取締役会長の榊 真二氏が講師を務める予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

家賃保証会社

賃貸住宅の賃借人が負う家賃支払債務について、連帯して保証する会社。家賃保証会社の連帯保証責任は賃借人との保証委託契約によって成立する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。