不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/9/30

「スマート申込」で家賃債務保証会社と連携

 アットホーム(株)は30日、パソコンやスマートフォン等のデバイスを用いて、専用フォームに情報を入力し、ペーパーレスで賃貸物件の入居申し込みが行なえる「スマート申込」において、家賃債務保証会社への保証審査申し込みが可能となるサービスを開始した。

 「スマート申込」を利用する同社加盟店が、ボタン一つで帳票を作成し出力、それをそのまま保証審査申込書類として、家賃債務保証会社に提出できるようにするもの。
 入居希望者が入力した申込情報を基に作成するため、加盟店における手書き申込書の不備確認や、家賃債務保証会社からの不備解消依頼への対応など、業務負荷を大幅に削減。入居申し込みから審査開始までのリードタイムの短縮化につなげる。

 現在、6社の家賃債務保証会社が「保証会社用帳票」による審査申し込みに対応。1社が対応を予定している。また、帳票を必要としないシステム連携による審査申し込みの電子化も予定しており、2019年12月に2社、20年春に1社の対応が決定している。

記事のキーワード 一覧

動画でチラ見!

月刊不動産流通2023年12月号

雑誌の詳細はこちらから

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地場の事業者が語り合う
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/1

「海外トピックス」更新しました。

老朽化した公共施設の一時利用進む【フランス】」配信しました。
近年のフランスでは、公共施設の老朽化に伴う再開発が活発です。ただ、建設を始めるまでには時間を要します。その間、建物を無駄にしておくのはもったいないと、住宅やイベント会場などさまざまな用途で有効活用する取り組みが増えつつあります。