不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/7

つくば市と連携してマンション隣接公園を整備

リニューアルした「竹園西広場公園」

 (株)フージャースコーポレーションは、茨城県つくば市と連携し、「竹園西広場公園」のリニューアルを実施した。

 同市初の官民連携による一体開発プロジェクトの一環。同社は、同市と「竹園一丁目国家公務員宿舎跡地における魅力ある開発推進に関する覚書」を結んでおり、跡地に新規開発する分譲マンション「デュオヒルズつくばセンチュリー」(総戸数229戸、関連記事)と、隣接する同公園を一体的に整備、良好な景観等に配慮したまち並み形成を図る。

 同公園は、国家公務員宿舎の廃止に伴って利用者が減少。地域住民から不安の声があがったこともあり、「子供から大人まで集まれる空間」を目指してリニューアルした。土の入れ替えや芝生の敷設によって緑化を推進。すべり台や、ベビーカーも通れるウッドデッキを整備するなど、小さな子供も遊びやすい公園とした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。