不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/10/11

大規模盛土造成地マップ、76%の市区町村が公表

 国土交通省は10日、全国市区町村の「大規模盛土造成地マップ」の公表状況、公表予定時期をとりまとめた。

 9月現在、全1,741の市区町村のうち、1,326の市区町村が大規模盛土造成地マップを公表(公表率76.2%)。2019年3月時点より3.4ポイントアップした。公表率が100%の都道府県は17だった。また、すべての市区町村が、19年度中に大規模盛土造成地マップを公表する予定であることが分かった。

 また、盛土造成地の安全性を把握するための「大規模盛土の造成年代調査」は、20年度末までに1,052市区町村(大規模盛土造成地がない市区町村をのぞいた数)の約半数(50.9%)の市区町村で着手が予定されている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

大規模盛土造成地

谷や沢を大規模(3,000㎡以上)に埋めて造成した土地や、盛土前の傾斜が大きな地盤(20度以上)の上に高く(5m以上)盛土して造成した土地をいう。大規模な地震などの際に、地滑り、崖崩れ、土砂流出などが起きる恐れがあるため、監視や変動予測が必要とされる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。