不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/10/31

駅別マンション密度ランキング、トップは「浜町」

 (株)東京カンテイは31日、「駅別マンション密度ランキング」を発表した。同社データベースに登録された2019年6月現在、現存(竣工)している分譲マンション(ファミリー物件のみ)を対象に、駅を中心とした円内1平方メートル(半径560m)以内に存在するマンションの数を集計した。

 首都圏の物件数ランキングのトップは、都営地下鉄新宿線「浜町」駅で、19年の物件数は136件(1989年の5.7倍)だった。この他、東京メトロ日比谷線「人形町」駅(2位、121件)や東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅(4位、115件)など、日本橋の東側エリアの駅が上位を占めた。同エリアは、この30年の産業構造の変化により土地の流動化が進んだエリアで、生活利便性の高さの割には比較的リーズナブルな価格であること、近年の都心回帰の傾向等が影響しているとみられる。

 戸数ランキングでは、全国・首都圏ともに都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅(1万556戸、89年時の9.6倍)がトップだった。同駅は2000年に開業した新駅で、中央区の容積率規制緩和もあり、次々とタワーマンションが建設されたエリア。2位の「武蔵小杉」駅(9,010戸)も駅前の工場等の再開発によりタワーマンションが供給されたことで、89年時の20.3倍の増加倍率となった。

 ストック物件数の全国トップは福岡市地下鉄七隈線「薬院大通」駅の144件(89年の2.0倍)。

 同社では「マンションにとって最寄り駅からの距離と資産性の関連性は高いが、駅の開業によってその後のマンション供給に拍車がかかるわけではない。今後は電車通勤をしない人が増えると見込まれ、『駅』以外の要因によって価値が変動する時代になるかもしれない」と分析した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。