不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/10/31

分譲マンション、「竣工後も販売継続」が主流に

 (株)東京カンテイは31日、首都圏の新築分譲マンションの販売スタイルに関する調査の結果をまとめた。同社データベースに登録された、1980~2018年に竣工した新築マンションの販売スタイルを「竣工後に販売開始」「竣工前に最終分譲開始」「竣工前に発売して竣工後も販売継続」の3タイプに分類、年次ごとにまとめた。

 首都圏全体では、1980~91頃はほとんどが「竣工前に最終分譲」のタイプだったが、「竣工前に発売して竣工後も販売継続」の割合が徐々に増加。「竣工前に発売して竣工後も販売継続」は、92年に4.0%、98年に7.8%、2000年には10%を超えた。03年は20.4%へと倍増。04年以降は一貫して30%前後で推移している。

 特に、大手ディベロッパー7社(住友不動産(株)、(株)大京、東急不動産(株)、東京建物(株)、野村不動産(株)、三井不動産レジデンシャル(株)、三菱地所レジデンス(株))の供給物件ではその傾向は強く、98年に10.3%と初めて10%を超えると、2000年に20.7%、04年に31.9%と右肩上がりで増加。09年には51.3%と過半を記録した。その後は、30%前後で推移したが、16年50.3%、17年48.6%、18年52.4%と、売り急がない販売スタイルが主流になっている。

 同社では、「竣工後にも継続販売するケースが増え始めたのは、ディベロッパー各社がインターネットでの集客を重視しはじめた時期と一致する。コストが低く合理的な集客手法であるネット集客は長期販売との相性がよく、今後も劇的に減ることはないだろう。価格を下げて売り急ぐという動きも出にくくなり、価格水準が大幅下落することも考えにくい」と分析する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。