不動産ニュース / イベント・セミナー

2019/12/12

競売件数増加を予想。消費者へ周知を/FKR

カンファレンスの模様

 (一社)不動産競売流通協会(FKR、代表理事:青山一広氏)は11日、The Place of Tokyo(東京都港区)で「FKRカンファレンス2019」を開催、19年の活動報告と今後の事業方針を発表した。約70人の会員が参加した。

 9回目となる「競売不動産取扱主任者試験」は12月8日に開催、1,755人が受験した。これまで9回の試験の累計受験者数は1万6,000人超、合格者数5,000人超、主任者登録者3,000人超となっているとした。

 また、新たな資格として19年からスタートした「任意売却不動産コーディネーター」の講習を、東京・大阪で開催。38人を動員した。このほか、会員向け実務講習を3回(参加163人)、消費者向け勉強会を3回(107人)、宅建事業者向けセミナーを20回(170社)開催。会員の業務につなげたほか、競売ビジネス拡大に向け、国の施策に対し月1回パブリックコメントを行なってきた。

 カンファレンスで説明にあたった青山理事は、「ここ5年ほど積極的な情報発信は控えてきたが、来年はいろいろ仕掛けていく」と宣言。YouTubeを使ったプロモーション等を始動するとした。同氏は「リーマンショック後の09年から減り続けてきた競売件数がほぼ横ばいになってきた。東京や大阪、神奈川、埼玉などはすでに増加に転じている」とし、「落札価格の高騰で利益が出なくなっていると言われているが、まだまだ一般市場で買うよりははるかに安く買える。この事実を会員を通じて消費者や投資家にアピールし、どんどん買ってもらいたい」とした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年4月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

12名のアナリストが、各分野における2020年の市場動向を予測します。市場のカギとなる「キーワード」の掲載。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/3/10

「記者の目」更新しました!

地域情報を武器にネット集客に挑む!」配信しました。
今やほとんどの不動産会社が開設している自社HP。しかし、実際に集客に結びついている会社は少ないかもしれない。売買仲介を手掛ける(株)トラストリー(東京都江東区)では、コーポレートサイトの他に、「深川暮らし」という地域情報を発信するサイトを開設。その取り組みを取材した。