不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/23

大崎で大規模オフィスビルを着工/住友不

「(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト」外観イメージ

 住友不動産(株)は23日、オフィスビル「(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト」(東京都品川区)の開発概要を発表した。

 同エリア周辺は、リニア新幹線始発駅となる「品川」駅やJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ」駅周辺の発展期待もあり、オフィスニーズは高まりを見せている。同社では、2018年、同エリアで延床面積17万平方メートルの「住友不動産 大崎ガーデンタワー」を開発。旺盛なニーズにより満室稼働となっていることから、同エリアでのオフィスビル供給を推進する。

 「大崎東プロジェクト」は、JRりんかい線「大崎」駅徒歩8分、東急池上線「五反田」駅徒歩9分に立地。敷地面積約7,102平方メートル。鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造地上19階地下2階塔屋1階建て。延床面積約4万7,509平方メートル、総貸付面積約3万1,285平方メートル。

 基準階面積は1,797平方メートル。多様なレイアウトニーズに対応可能な整形無柱空間とする。天井高は約3.0m。空調は、1フロア53ゾーンの部分制御可能な完全個別空調システムを採用する。

 BCP対策として、配電線が1本断線しても他の2本で継続送電が可能な3回線スポットネットワーク受電を採用。また、変電所事故が発生してもビルに貯蔵する重油により72時間分の送電を可能とする電力バックアップ体制を構築する。

 また、同エリアは駅前より街区単位で開発整備が進められ、空地や緑地が計画的に整備されていることから、同物件でも敷地内に豊富な緑地や広場を設け、周辺との連続的な緑のネットワークを想像する。

 1月7日に着工済み。竣工は22年2月を予定する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。