不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/1/24

今後10年、進むオフィスの分散化/CBRE

 CBREは23日、特別レポート「人・テクノロジー・環境が変える不動産の未来」を発表。オフィス、物流施設、リテール、ホテル、データセンターのそれぞれの市場について、今後10年間の変化を考察している。

 オフィスについては、社会構造の変化等によりオフィスワーカーの属性、年齢なども含めて多様化していき、テクノロジーの進歩も相まって立地の分散化が進むと予測。併せてオフィスビルが環境に果たす役割がこれまで以上に大きくなり、グリーンビル(環境配慮型のビル)の存在感が高まるだろうと指摘した。

 物流施設は、女性の就業と高齢化により、Eコマース(EC)の市場規模がさらに拡大。現在利用率が低い食品のEC化が進む見通しで、そのことが都心の物流施設のニーズをより高めることにつなげると指摘している。また30年には築50年以上の施設が30%超となり、BCP対策の観点からそうした老朽化施設の最新物流施設への建て替えが促進される見通し。

 ホテルは、供給過剰が懸念される報道もあるが、アジア諸国を中心とする1人当たりGDPの伸長で旅行需要は高まり、日本国内のインバウンド需要は拡大するため、供給が活発とは言えるが過剰とは言えないと指摘。大規模複合開発の増加に伴い、現状不足しているアッパークラス以上のホテルの供給が今後促進されると説明した。

 リテールは、人口減少に伴い一人当たりの消費額を増やすための実店舗のあり方を模索するようになり、旗艦店舗はブランディングや商品プロモーションをその大きな役割として求める傾向が強くなる。また既存店舗ではVRやARを活用した店舗が見られるが、さらにVRの導入が進むだろうと予測した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年7月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

緊急事態宣言下の地域事業者の奮闘を取材!新たなビジネスアイディアも。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/1

「海外トピックス」更新しました!

Vol.370 暮らしの視界にもっとアートを!ビル外壁を利用して街を美術館にする試み【アルゼンチン】」配信しました。
アルゼンチン第3の都市ロサリオは、多くの芸術家を輩出したまちとして有名。そんな同地では、建物の外壁に巨大壁画を設けるアート・プロジェクトが行なわれています。アートを身近に感じるまちづくりの魅力に、現地ライターが迫ります。