不動産ニュース / 開発・分譲

2020/2/25

横浜・網島に駅と一体化した商業施設/東急

「エトモ綱島」外観イメージ

 東急(株)は、東横線「綱島」駅構内および高架下に、商業施設「エトモ綱島」(横浜市港北区、店舗数8店舗)を、3月16日にオープンする。

 同社では、東急線駅構内・高架下・駅ビルの店舗開発およびリニューアルの推進を重点施策として掲げており、同施設もその一環。2016年に鉄道高架橋の耐震補強工事に伴い閉鎖した「綱島」駅ビル跡地の高架下空間と、18年に閉鎖した駅構内店舗の跡地を一体的に活用する。エトモとしては12施設目。同駅エリアは、22年度下期の東急新横浜線「新綱島(仮称)」駅開業を控え、大規模再開発事業が進むなど、注目度が高まりつつある。

 店舗面積1,068.04平方メートル。工事により休業していた3店舗と駅構内で現在営業中の3店舗に加え、約50席を備えたカフェやスイーツ店など新たに2店舗が出店する。建物は、白を基調としたシンプルで統一感のあるデザイン。鉄道高架躯体と建物の間から日の光が入り込む開放的な空間とした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!