不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/5

大手町エリア最大規模の複合開発が竣工/三井不他

「Otemachi One」外観

 三井不動産(株)と三井物産(株)は5日、複合開発事業「Otemachi One」(東京都千代田区)が竣工、商業エリアを5月12日に開業すると発表した。

 「Otemachi One」は、オフィス、ホール、カンファレンス、商業施設、ホテル、大規模緑地広場で構成する複合開発。東京メトロ丸ノ内線・東西線等「大手町」駅直結。敷地面積は約2万900平方メートル。地上31階地下5階建ての「三井物産ビル」および地上40階地下5階建ての「Otemachi Oneタワー」からなり、延床面積は約35万7,700平方メートル。 敷地内で大手町地区の地域冷暖房施設を更新し地域のBCP機能を強化するほか、最高水準の性能を誇る制震構造の採用、災害時の電力自立性の向上のための中圧ガス・ オイル双方に対応するデュアルフューエル型非常用発電機の導入、 帰宅困難者受入機能の強化など、オフィスビルとして国内最高水準の安心・安全を提供する。

 「三井物産ビル」には、三井物産の新本社が移転するほか、3階には国際会議や商品開発といったビジネスイベントや、音楽ライブ等のエンターテインメントイベント等、多岐にわたる利用が可能な「大手町三井ホール」が5月15日に開業する。ホール面積は約700平方メートルで、併設する約380平方メートルのホワイエと一体的に、さらなる大空間として利用することができる。貸し会議室「大手町三井カンファレンス」も隣接する。

 「Otemachi Oneタワー」には、農林中央金庫や出光興産等、さまざまな業種の企業が入居を決めており、オフィス部分はおおむね満床。2020年12月から、テナント企業向け会員制施設・サービスとして、フィットネスや食堂等を備える「mot.三井のオフィスfor Tomorrow/Mitsui Office for Tomorrow」の提供を行なうほか、Webぺージから執務フロアのトイレの空き状況等が確認出来る「Throne」の導入など、テナント向けサービスを充実させる。6階には、三井不動産が手掛ける法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」の最大級となる拠点が21年に開業する。

 3階および34~39階には、ホテル「フォーシーズンズホテル東京大手町」(総客室数190室)が7月1日に開業。共用施設として、結婚式も行なえる1,300平方メートル超のイベントスペースや、プール付きのスパ、ラウンジ等を用意。地下2階~地上1階の商業施設エリア「Otemachi One Avenue」は、オフィスワーカーのランチニーズから、懇親会・宴会まで、幅広いニーズに応える飲食店舗や、クリニックやランニングステーション等、オフィスワーカーの健康を支援する施設など30店舗が出店する。

 エリア最大級となる6,000平方メートルの緑地空間「Otemachi One Garden」も、22年末に完成する予定。オフィスワーカーの日々の多様化するニーズに応えるとともに、大手町ならびに東京の国際力強化へ寄与する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。