不動産ニュース / その他

2020/3/11

新型コロナウイルス、各社で対策

 各社の新型コロナウイルスへの主な取り組みについて紹介する(3月11日時点、当社調べ。順不同)。

・(株)センチュリー21・ジャパン
■自社での対応
可能な限り、社内・外出先にてマスクを着用。咳エチケットの徹底
給茶サービスは未開封のペットボトル飲料とし、顧客へは持ち帰りの案内を行なうよう周知
不要不急の出張は中止、もしくは延期。また、外出時はマスク着用を徹底
時差出勤を推奨(時間帯:7:00~19:00の間で8時間出社)
会食、イベントは中止または延期し、プライベートの歓送迎会、 会食は自粛
一部の従業員については在宅勤務を導入済み
■FC本部としての対応
3月中の集合研修を中止し、一部の研修のみWeb配信を実施
合同入社式(4/1予定)を延期
4月の一部の加盟店向け行事は中止を発表し、開催を延期
公式ホームページに加盟店スタッフがマスク着用での対応をする場合がある旨、告知
加盟店の実施済み感染拡大防止策をとりまとめ、全加盟店向けに 一定の対応を推奨

・大和ハウス工業(株)
ネットワーク環境が整っている6,000人を対象にテレワークを推奨
テレワークができない場合は時差通勤を推奨
朝晩の検温を各自行ない、37.5度以上の熱がある場合は、自宅待機またはテレワーク
支店長会議など大規模な会議を中止
社内会議はテレビ会議システムを活用
不要不急の出張禁止
中国全土、香港、台湾などの渡航全面禁止
社外行事やイベントを原則禁止
入社式を中止
展示場で、大勢が集まるイベントは禁止
新卒採用の活動において、イベントを中止し、一部Webでの面接を実施

・三井ホーム(株)
フレックスタイム制を活用した時差通勤を推奨(コアタイムの運用を柔軟に対応)
社外勤務時の直行直帰推奨
在宅勤務や住居に近い事務所・ モデルハウス等を活用したサテライトオフィス勤務も可
研修、出張、 会議等は極力テレビ会議システム等のオンラインを活用
自社で主催するイベント、パーティ等は当面自粛(中止または延期)
接客対応時は原則マスクを着用
小学校の臨時休校に伴う保護者の特別休暇を時限的に実施(年次有給休暇とは別に取得可)
その他安全衛生管理の励行

・住友林業(株)
所属員に対する咳エチケットや出社時、外出先からの帰社時、執務室入室前に30秒以上の石鹸手洗い、うがいを徹底
事前に事業所所在地を管轄する保健所の連絡先を確認しておく
発熱(37度以上の微熱)等の症状が見られるときは、出勤を控えるよう周知
事業所内での体温計の常備し、所属員が体調不良を訴え、発熱(37度以上の微熱)がある場合は退社を促す
本社事業所の各フロア執務室入り口、応接フロアに消毒液を常備
プライベートにおいて、コンサート等、大人数が集まるイベントへの参加については、社員に慎重な判断を求める
感染防止の観点から時差通勤やテレワークを可能な範囲で積極的に活用する
暫定的にコアタイム(10~16時)を廃止したフレックスタイム制を導入し、時差通勤を推進する
政府要請(2/27)による全国の学校の臨時休校への対応として、小学生以下または中学生以上で特別な事情がある子供のいる社員で、本件により、通常の業務時間が制約される場合、必要に応じて特別休暇の取得を可能とするなど、対応を実施する
不要不急の大規模会議の自粛(目安:50 名以上)
テレビ会議実施の推奨
不要不急のイベントの自粛
不要不急の国内外への出張の自粛
会議・イベント終了後の懇親会の禁止
不要不急の外部での会議・イベント・セミナーへの参加自粛
社内に「新型コロナウイルス相談窓口」を設置

・(株)タカラレーベン(追加分、3月6日時点の対応はこちらを参照)
取引先との会食は3月中禁止
会社主催の懇親会・歓送迎会等の開催・参加は中止、または延期
社内・社外において、10名以上の人数が集まる会議については中止、またはWeb会議への変更
出張の原則禁止
​​北海道(緊急事態宣言が発令されたエリアが対象)、 海外への出張は3月中禁止
会議・打ち合わせを行なう際はWeb会議システム等を積極的に活用し、顧客への訪問については、 可能な限り物理的な訪問を自粛

<関連記事>
【事業者】
貸会議室をBCP支援オフィスに/TKP(2020/3/11)
各社で新型コロナウイルス対策進む(2020/3/9)
各社でコロナ対策進む(2020/3/6)
デベ、流通各社、コロナウイルス対策に本腰(2020/3/5)

【業界団体】
3月末まで研修動画を無料で公開/推進C(2020/3/6)
日管協、会員に「新型コロナ対応策の事例集」公開(2020/3/4)
感染症等流行時におけるM管理業務ガイドライン策定(2020/3/4)
キャリアパーソン修了試験、受験期限を延長/全宅連(2020/3/4)
不動産コンサルマスター更新手続き期間延長へ(2020/3/3)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。