不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/3/19

不動産私募ファンド、市場規模は20兆円超に

 (株)三井住友トラスト基礎研究所は18日、「不動産私募ファンドに関する実態調査2020年1月」の結果を発表した。国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社109社を対象にアンケートした。1~2月に調査し、有効回答数は43社。

 19年12月末時点での不動産私募ファンドの市場規模は、運用資産額ベースで20兆2,000億円(前回調査〈19年6月末時点〉比約9,000億円増)と推計。1兆5,000億円増加し前回調査に比べ増加ペースはやや鈍化したものの、市場規模は20兆円を超え、過去最高額を更新した。

 デット資金の調達環境については、良好な状態が継続。「普通」が24件で最多となり、「緩い」の15件を上回った。「厳しい」という回答が3件だった。

 19年7~12月の物件取得状況は、「取得した」という回答が67%と、高い水準を維持。物件取得に至らなかった理由については、「価格目線が合わなかった」が6割超を占めた。
 物件の売却状況については、「売却した」との回答は38%に。売却しなかった理由は、すべての回答者が「当初から予定がなかった」と答えた。

 投資対象物件タイプについては例年通り、「オフィス」、「住宅」、「商業施設」、「物流」がそれぞれ20%前後で拮抗している。一方で、今後投資に注力していきたい物件タイプは、「オフィス」、「住宅」が20%。「物流」が18%、「ホテル」が17%、「商業施設」が12%に。国内・海外投資家の商業施設に対する投資意欲が減退していると考える運用会社が増加しており、注力していきたい物件タイプにも影響を及ぼしていると考えられる。

この記事の用語

私募ファンド

投資家から資金を募って運用する事業のなかで、資金を募る対象者が狭く限定されているものをいう。また「プライベートファンド」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。