不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/22

住宅ローン利用、「変動型」が約6割

 (独)住宅金融支援機構は19日、「住宅ローン利用者調査(2019年度第1回調査)」結果を発表した。調査期間は、20年3月3~23日。19年4~9月に住宅ローン(フラット35を含む)を借り入れた全国の20~60歳未満を対象にインターネット調査を実施した。有効回答件数は1,548件。

 金利タイプ別利用状況は、「変動型」の利用割合が59.0%(前回調査(18年10月~19年3月調査)比1.3ポイント減)と減少。「全期間固定型」も14.3%(同0.3ポイント減)と微減したが、「固定期間選択型」は26.7%(同1.6ポイント増)と増加した。

 今後1年間の住宅ローン金利見通しについては、全体では「ほとんど変わらない」が62.5%(同2.6ポイント増)、「現状よりも低下する」が7.0%(同2.9ポイント増)と増加。一方、「現状よりも上昇する」は21.3%(同6.0ポイント減)と減少している。

 フラット35以外の利用者が住宅ローンを選んだ理由は、「金利が低い」が71.3%で最多に。フラット35利用者では、「返済額を確定しておきたかった」が56.8%、「金利が低い」が47.3%となった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。