不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/23

一人暮らしの社会人、約4割がミニマリスト志向

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は23日、「“一人暮らしの社会人が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査2020」結果を発表した。調査対象は、全国の20歳代の社会人男女414人。

 一人暮らしの社会人が幸せに生活するために最低限必要だと思う間取りを聞いたところ、「1K」が40.6%でトップに。最低限必要な家の広さ(延床面積)は、半数以上が「20平方メートル以下」と回答、中でも26.9%が「15平方メートル以下」と答えた。最低限許容できると思う入居時の築年数は、平均で18.6年。

 最低限許容できると思う最寄り駅までの徒歩分数は、平均で13.9分。片道の通勤時間については平均で38.0分だったが、「60分以内まで許容できる」人が31.1%で最多だったことから、片道の通勤時間は条件を緩めても良いポイントであると分析した。

 また、最低限必要なものしか持たない生活をする「ミニマリスト」であるかを聞いたところ、24.4%と約4人に1人が「はい」と回答。ミニマリストになりたいかという問いには、38.9%と約4割が「はい」と答えた。同社では、「なるべくモノを持たないミニマルな暮らしに今後注目が集まる」と予測している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。