不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/3

築10年マンション価格、新築時の9割超を維持

 (株)東京カンテイは2日、築10年の既存マンションのリセールバリュー(RV)に関する調査を実施した。築9~11年が経過した分譲マンションを対象に2019年1~12月の流通事例を抽出、売出価格と分譲当時の価格とを比較して算出した。専有面積30平方メートル未満、事務所・店舗用物件については集計対象外。また、一定件数以上のサンプルが確保できる駅を算出対象とした。

 2019年の首都圏平均RVは94.3%となった。対象物件は供給時期がミニバブル期とリーマン・ショック期をまたぐ形となったが、リーマン・ショックによるマンション価格への影響は小さかった。また、近年の新築マンション価格上昇を受け、既存マンション価格も上昇。築10年前後でも高値で売り出されるケースが多いという。

 首都圏でRVが算出可能だった駅は515駅。そのうちRVが100%以上となったのは157駅で、90~100%未満も153駅となり、全体の約6割がRV90%以上という結果になった。同社では「前年から引き続き、職住近接ニーズによって都心のオフィスエリアへの通勤利便性に優れた駅のRVが高くなる傾向が表れた。一方、24駅のRVが7割を下回ったが、ほとんどが郊外エリアで都心へのアクセスに相応の時間を要する駅だった」とコメントする。

 駅別でみると、最もRVが高かったのはJR「原宿」駅の172.7%、新築分譲時の平均坪単価が482万3,000円だったのに対して築10年価格は832万9,000円だった。以下、JR「秋葉原」駅165.8%(新築時229万3,000円・築10年380万4,000円)、JR「千駄ヶ谷」駅147.0%(同514万8,000円・同756万6,000円)となった。

 近畿圏の平均RVは94.0%。RVが算出可能だった駅は251駅で、このうちRVが100%以上だったのは75駅、90~100%未満は81駅と、首都圏同様に約6割がRV90%以上を記録している。

 駅別では、JR「大阪」駅がRV174.3%(同218万1,000円・同380万3,000円)でトップ。以下、JR「草津」駅139.8%(同138万7,000円・同193万9,000円)、京都市営地下鉄「三条京阪」駅137.5%(同221万8,000円・同305万1,000円)と続いた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。