不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/7

首都圏新築木造戸建て価格、2ヵ月連続の上昇

 (株)東京カンテイは7日、2020年6月の主要都市の新築木造一戸建て住宅平均価格動向を発表した。調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造で土地・建物とも所有権の物件。

 首都圏の平均価格は3,786万円(前月比0.4%上昇)と、2ヵ月連続の上昇となった。都県別では、東京都が4,485万円(同2.2%上昇)と4ヵ月ぶりに反転上昇した。神奈川県は4,012万円(同1.8%下落)、千葉県3,200万円(同0.3%下落)、埼玉県3,309万円(同2.2%下落)と、いずれも反転下落した。首都圏は4月は全体的に下落傾向となったが、5・6月は持ち直す動きに。また、5月に大きく減少した分譲戸数は6月には回復し、分譲戸数の減少傾向は収まりつつある。

 近畿圏の平均価格は3,151万円(同1.4%下落)と、反転下落した。府県別では、大阪府が3,395万円(同4.3%下落)と反転下落した。兵庫県は3,139万円(同3.2%上昇)と3ヵ月ぶりの反転上昇。京都府は3,356万円(同9.7%下落)と反転下落。兵庫県で上昇に転じたものの、大阪府と京都府では明確な下げとなっており、価格の弱含み傾向が続いている。

 中部圏は3,042万円(同1.1%下落)と3ヵ月連続の下落。愛知県は3,247万円(同0.5%下落)と反転下落した。

 福岡県は3,116万円(同0.2%下落)と反転下落。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

一戸建て

独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている住宅。「戸建て」も同じ意味である。これに対して、複数の住戸で構成される建物を「集合住宅」「共同住宅」という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。