不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/5

「大宮」駅前再開発、参加組合員予定者が決定

複合施設の完成イメージ

 大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は4日、東京建物(株)、日本土地建物(株)、大和ハウス工業(株)を「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」における参加組合員予定者に決定した。

 地区内は狭い道路が多く、老朽化した木造建物が密集し、緑地などのオープンスペースも不足していることから、防災性・交通環境の面で課題があった。そこで2013年3月、同組合を設立し、まちづくりの実現に向けた準備を進めてきた。

 施行区域面積は約1.5ha。JR「大宮」駅から約400mに位置。約230戸のマンション、オフィス、商業施設等で構成する複合施設を開発する。敷地面積約9,500平方メートル、延床面積約8万5,000平方メートル。

 地区外周道路の拡幅のほか、高品質な住環境・みどり豊かな広場も整備。商業施設やオフィスを導入することで、同地区を含む周辺エリアの都市の魅力向上を促進し、地域交流の場を創出する。

 今後のスケジュールは、20年に組合設立認可、21年に権利変換計画認可、22年に着工、25年に竣工する予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。