不動産ニュース / 開発・分譲

2020/9/18

三井不レジ他、港区の再開発でマンション1,450戸

「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図

 三井不動産レジデンシャル(株)、日鉄興和不動産(株)、三菱地所レジデンス(株)、(一財)首都圏不燃建築公社が参画する「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)の市街地再開発組合がこのほど、東京都の設立認可を受けた。

 同事業は、都営地下鉄他「麻布十番」駅からほど近い約2.5haの土地に、共同住宅(約1,450戸)をはじめオフィスや店舗、公園を一体的に開発して複合市街地の形成を図る。近隣エリアへ連続する動線やエリア全体の回遊性・利便性を高め、地域住民が憩い・交流できる空間整備を目指す。

 街区を南北に分け、北街区にはオフィスと住宅A棟、南街区には住宅B、C棟と公園を整備する予定。建物は地上44階建ての高層棟を中心として、延床面積は約18万1,130平方メートル。また、古川沿いには約2,500平方メートルに及ぶ南北に長い公園を整備するほか、北街区と南街区の間に地区内を横断する区画道路を整備することで、隣接するエリアとの回遊性を向上させる。

 同事業は1994年に再開発準備組合が設立され、2016年に都市計画決定。今後、権利変換計画認可を経て23年3月に着工し、27年に竣工を予定する。

この記事の用語

市街地再開発事業

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、市街地の合理的で高度な利用と都市機能の更新を目的として実施される事業をいう。既成市街地において、細分化されていた敷地の統合・共同化、共同建築物の建設、公共施設の整備などを行なうことにより、都市空間の高度な利用を実現する役割を担う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。